山野草、高山植物、雪割草、野生ラン、お茶花、下草などの生産、販売、育種の専門ナーセリーです。

TEL.0480-85-8287 

〒346-0115 埼玉県久喜市菖蒲町小林5855-1

雪割草の育て方

雪割草ー5月編ー

DSC_0670修正2

5月17日に撮影した雪割草のハウスです。

直射日光を避け柔らかい日差しの中で管理しています。

DSC_0674修正2

ハウスの中身はこれからの商品です。

咲けば良かろうのお外実験組とは違い、葉っぱの展開期には置き肥と観葉植物液肥をやり、今月からは来年の花芽を充実させるために開花促進液肥を与えました。

いわゆるお姫様のように大事にお世話しています。

 

 

DSC_0675修正2

DSC_0676修正2

来年の初花です。

 

 

修正2DSC_0678

 

DSC_0677修正2

 

 

DSC_0671修正2

今年移植予定の蒔き床です。

去年のブログでも紹介した大量のセルフの蒔き床がそのままになっています。

はりきりすぎたのは私の責任ですが当時だれか止めてくれてもよかったんじゃないかなとちょっとだけ思っています。

 

 

以上5月編パート1でした。

雪割草の管理ー4月編パート3-

DSC_0651修正2

シノハラさんです。

4月の新葉展開の時期に発生しやすいのがこの灰色カビ病です。

低温多湿の条件下で発生しやすく、花ガラや枯れた古葉をそのままにしておくとそこからカビが発生し新葉を痛めます。

DSC_0652修正2DSC_0654修正2

中心の芽まで痛めなければ、傷んだ葉を綺麗に取り除けば問題ありません。

カビの進行を抑えるためと予防のためにこの時期の雪割草ハウスではたびたび殺菌剤を散布します。

 

DSC_0655

古葉を取るのと一緒に肥料も入れてしまうと丁度良いです。

DSC_0670修正2

4月の下旬あたりから日差しが強くなってきたのでハウスの白冷紗を下げました。

DSC_0658修正

DSC_0659修正2

 

DSC_0660修正2

 

DSC_0661修正2

外の子たちも直射日光を避けて売り場の棚下に移動させました。

 

雪割草ポット苗の様子

雪割草のシーズンもひと段落です。

今年もあっという間の開花期でした。

…早かったナァ…

 

こんにちはシノハラです。

3月全体

4月全体

 

月2~3回更新するのでは???

 

という突っ込みはすでに100回くらい自問自答したのでどうかご容赦ください。

 

 

写真は今年の東京ドームで販売した500円の雪割草

(厳密には同じ栽培年数のポット苗、お店から拝借してきたのでそこそこ高いやつかもしれませんが散ってしまえば同じ雪割草)

です。

 

 

 

 

3月葉っぱ展開中

 

4月葉っぱ展開

↑は先月と今月の比較写真を撮ってみました。

 

↓現在の様子です。

2mp

4月個別

おおむね順調です。

置き場所はスタッフが作業するハウスの東側、壁を背にして強い北風にあたることのない雨ざらしの屋外です。

 

葉っぱが展開中なので水を切らさないように管理しています。ハウスが飛ばされそうな暴風雨や強風の日は作業場に取り込んだ日もありました。

 

窒素分を多く含んだ観葉植物用の液肥を与えるともっと葉っぱは大きくなりますし、最後の葉っぱが出始めたら開花促進の液肥を与えると来年の花芽を充実させることができます。

思い出したらやろうと思います。

 

雪割草管理―4月編ー

久しぶりの投稿くまさんです。

あっという間に雪割草の花も終わり春らしい陽気になってきました‼

日々昼寝にちょうどいい気候だなぁー。と思いながら仕事やってるこの頃です(笑

最近の仕事は、雪割草の花と古葉を取ることと置き肥や液肥による肥培管理がメインです。

今日は、その花と古葉取りについて簡単に管理の説明をしたいと思います。

1)花を取る。

花を取ると言っても花(花びら)だけを取るではなく、花の付け根からとってあげましょう。

IMG_7815

2)古葉を取る。

古葉を取る際は、上に引っ張って葉を取ってはいけません×

上に引っ張ってしまうと根ごと取れてしっまたり新芽までとれてしまう可能性があります。

そのため、古葉を取るときは地面(下)の方に押し込むイメージでとってあげてください。

そうすると、力を込めすぎることなく葉がとれると思います。

※古葉に関しては、青々しさがなくなり確実に枯れたなと思うタイミングで取っていただいても構いません。

IMG_7813

(指から上が新しい葉。指から下が古い葉。)

雪割草は、常緑ですので今年でてきた新しい葉はとらないようご注意ください。

 

上記のことが終了したら、株元に散っている花びらなどを吹き飛ばしましょう!

枯れた花びらを除去することによってカビの発生を抑制できます。

以上、雪割草の管理4月編でした!

日常の管理を紹介します。

IMG_2182

東京ドームでよく耳にしたのは「雪割草は難しいのよね」というお言葉でした。

確かに雪割草は上手に栽培するうえで欠かせないポイントがいくつかあります。

 

そこでこの「雪割草の育て方」カテゴリーでは、今の時期雪割草はどんな管理をしているのかをブログ形式で、なるべくリアルタイムで紹介しようと思っています。

目標として月2~3回の更新を考えています。

あくまで関東での基準なのですべてこの通りとはいきませんが、なんで調子が悪いんだろう?と思った時の一つの参考になればと思います。

テスト文書

いつかこんな花が自宅で育てられたらいいなぁ…と夢見る日々

本編は次回からです。

どうぞご期待ください。

 

 

 

 

雪割草のハウスです

P7160264

雪割草担当のシノハラです。主に管理している雪割草ハウス

の様子を中心に、やまくさの四季を紹介していきたいと思います。よろしくお願いします。

写真は今年移植予定のカイワレたち(セルフ実生)です。これからこの蒔き床全部に交配ラベル

を書いていきます、はりきっていきましょう。

再来春、店頭でお客様に無事お届けできますように。