山野草、高山植物、雪割草、野生ラン、お茶花、下草などの生産、販売、育種の専門ナーセリーです。

TEL.0480-85-8287 

〒346-0115 埼玉県久喜市菖蒲町小林5855-1

2019年

雪割草お店に出てきました。

ついに雪割草の季節に入りました。今年はちょっと冷え込みが甘いような…?カイワレの芽の太りかたがゆっくりだった気がします。

まあ人間にはどっちにしろすごく寒いんですけどね(^^)

ということでお店の様子です。

PC160566

去年と今年に社長が株分けしました当園実生の銘品や交配親などです。

PC160565

こちらのポット苗は去年初花からの選別品です。

PC160571PC160567

幸運にもナメクジになめられずに済んだ毛無君もいます。

PC160568

1年肥培すると増えやすいものは2~3芽になってくれたりします。

去年の選別などは花の雰囲気も初花時より格が上がる可能性が高いので、

花が咲く前に購入するのがお得だったりします。

PC160570

PC160569

 

今年は昔からの銘品も割ってみました。

 

今シーズンのラストを飾る雪割草です。どうぞよろしくお願いいたします。

シノハラでした。

 

 

ノギクいろいろ

タニィです。

11月も終わりに近づき山野草たちも冬支度を始めました。

そんな中、ノギクたちは白や黄色や赤花などの色とりどりの花を元気に咲かせております。

アシズリノジギク高茂町 (640x427)

アシズリノジギク高茂町産

 

オビトケコンギク (640x427)

オビトケコンギク

 

ナカガワノギク赤花 (640x427)

ナカガワノギク紅花

 

ワジキギク桐生町 (1) (640x427)

ワジキギク桐生町産

 

一眼レフで取るとやはりキレいに写りますね。

 

 

無毛雪割草の話

雪割草の中には体毛の無い無毛雪割草と言うグループがあります。

同じオオミスミソウでもすこし気難しく、成長の仕方もやや変則的な動きをするので、私はいまだに彼らがよく分かりません。

現在シノハラはカイワレの移植と並行して今年選別した6~7年生の雪割草を植え替えているのですが、最近その中の毛無達が大変なことになっていました。

PA290558PA290557

PA290559PA290562

無毛雪割草は体毛が無い分ナメクジ・カタツムリに食害されやすいという弱点があります。

いままで手に取った毛無のうち2~3個はこんな感じです。

つまり今年選別した毛無(初花は除く)は5割がた喰われているということでしょうか。

そんな時は某農薬の王様を1000~2000倍に希釈したものをジョウロでじゃぶじゃぶかけるのですが(ナメクジは鉢の中に潜んでいるので鉢の中に浸みるくらいです)、効果は一ヶ月くらいで、それくらい経つころからほんの5㎜ほどの極小ナメクジ・カタツムリが現れます。最悪の場合これらが来年の芽を横から食い破って侵入し、パッと見芽はあるように見えるけれども中身がすっからかん、ということに。

何が言いたいかとゆうと、ハウス規模で毛無を栽培するにはもう少しの注意と管理場所の工夫が必要だ、ということと、これからお庭で毛無の雪割草を管理しようとしている方(そんなにいないと思うけど?)はくれぐれもお気を付け下さい…という話でした。

なーんて

注意喚起という名目で書いたつもりですが、うーん、どうしてもしまいには担当者の泣き言にしかならないようです(泣)

 

 

ネリネの季節です。

ネリネ薄ピンク修正

ネリネ赤修正

ネリネ修正その2

ネリネ血色修正

ネリネ白修正

ネリネ濃ピンク修正

ネリネは別名ダイヤモンドリリーとも呼びます。

花弁のきらめきが伝わるでしょうか。

これは朝日ですが夜の電球の下ではキラキラというよりヌラヌラと怪しく光ります。赤濃色の花はより赤黒くなまめかしい…

是非実物をご覧になって頂きたいものです。

開花情報

今回のブログ担当くまさんです。

9月21日(土)から行っている

『2019年秋の彼岸花・ギボウシ展示即売会』ですが、

今、彼岸花がかなり見頃を迎えています!

もちろん、今蕾が上がってきていてこれから咲いてきそうな子も多くいるので

今購入すれば家でじっくり長い期間愛でることができるのでは?!と

個人的に思う今日この頃です(笑

M1

M2

M3

M4

ヒガンバナで有名な観光名所『ひだか 巾着田(埼玉県)』も

早咲きヒガンバナ(曼珠沙華)が見頃を迎えてます!という情報も入ってきているので

ヒガンバナを見にお出かけしてみるのはいかがでしょう^^。

私、くまさんは巾着田行くつもりです!!(笑

 

雪割草の植え替え

P9160438

シノハラです。

こんな日は植え替え日和です。

今週から本腰を入れて雪割草のポット苗を植え替えようと思います。

P9160439

P9160440

P9160441

段咲きの中でもとびきり良いものを今年の春に選別してあります。

写真はそのうちの一つ。来春に3~4輪は見込める良苗です。

これを右に移っている3寸の角プラ鉢に植えていきます。

P9160442

底にゴロを軽く敷き、

苗を入れ芽を中心に据えたら、根を良く広げてその間に用土をすき込んでいきます。

P9160444 P9160445 P9160446

下からグリーンサムベビー×1、マグアンプK×3、魔法使いひとつまみ×ひとつまみ

を根の薄い所に投げ込み用土と一緒に箸で軽くすき込んでいきます。

※肥料の写真を撮り忘れたので別の苗の植え替え写真です。

P9160443

芽が埋まるか埋まらないかギリの所まで用土を入れます。

 

P9160447

流水で微塵を良く流したら完成です。

用土は鹿沼中粒:日光砂中粒:軽石小粒=1:1:0.25~0.3 です。

惜しむらくは現段階葉っぱが伸びすぎてこのままではかっこ悪くて売り物ならないことです。

一度葉っぱを更新し姿を整えてからとなると、一番美しい姿になるのは再来年の春になります。

今年は商品をかっこ良く造ることを意識して頑張りたいと思います。

 

 

ホトトギス

タニィです。

すっかり涼しくなり、秋の訪れを感じます。

そう思ってるのは人間だけでなく花たちも一緒です。

秋の初めに咲くホトトギスが咲いてきました。

お店の方にもずらりと並びました。

ホトトギス「

ホトトギスは草姿も素敵ですね。

なおかつ花はとても華やかで美しいです。

ホトトギス「秋空」

ホトトギス「秋空」

 

ホトトギス「富士の虹」

ホトトギス「富士の虹」

 

タイワンンホトトギス西表島

タイワンホトトギス・西表島産

 

ホトトギス「桃源」

ホトトギス「桃源」

 

これから咲いてくる秋咲きの植物達も楽しみです。

植替え情報

今回のブログ担当は、くまさんです。

最近、夜間の最低気温が25℃を下回ってきた為

ついに!ついに!雪割草の植え替えがはじまります!

植替えをやっていると、こんな小さな鉢の中でよく大きく成長してくれたね!

ありがとう!と思える鉢に巡りあえたりと嬉しい気持ちになります^^

例えば…この子。もともと左の3寸くらいの鉢に植わっていたものを右の鉢へ植え替え!

m_a

上から覗くと、右の方が明らかに大きいのがわかりますよね(笑

IMG_6858

これから、ほぼ毎日植え替えがんばります!!