山野草、高山植物、雪割草、野生ラン、お茶花、下草などの生産、販売、育種の専門ナーセリーです。

TEL.0480-85-8287 

〒346-0115 埼玉県久喜市菖蒲町小林5855-1

作場便り

無毛雪割草の話

雪割草の中には体毛の無い無毛雪割草と言うグループがあります。

同じオオミスミソウでもすこし気難しく、成長の仕方もやや変則的な動きをするので、私はいまだに彼らがよく分かりません。

現在シノハラはカイワレの移植と並行して今年選別した6~7年生の雪割草を植え替えているのですが、最近その中の毛無達が大変なことになっていました。

PA290558PA290557

PA290559PA290562

無毛雪割草は体毛が無い分ナメクジ・カタツムリに食害されやすいという弱点があります。

いままで手に取った毛無のうち2~3個はこんな感じです。

つまり今年選別した毛無(初花は除く)は5割がた喰われているということでしょうか。

そんな時は某農薬の王様を1000~2000倍に希釈したものをジョウロでじゃぶじゃぶかけるのですが(ナメクジは鉢の中に潜んでいるので鉢の中に浸みるくらいです)、効果は一ヶ月くらいで、それくらい経つころからほんの5㎜ほどの極小ナメクジ・カタツムリが現れます。最悪の場合これらが来年の芽を横から食い破って侵入し、パッと見芽はあるように見えるけれども中身がすっからかん、ということに。

何が言いたいかとゆうと、ハウス規模で毛無を栽培するにはもう少しの注意と管理場所の工夫が必要だ、ということと、これからお庭で毛無の雪割草を管理しようとしている方(そんなにいないと思うけど?)はくれぐれもお気を付け下さい…という話でした。

なーんて

注意喚起という名目で書いたつもりですが、うーん、どうしてもしまいには担当者の泣き言にしかならないようです(泣)

 

 

植替え情報

今回のブログ担当は、くまさんです。

最近、夜間の最低気温が25℃を下回ってきた為

ついに!ついに!雪割草の植え替えがはじまります!

植替えをやっていると、こんな小さな鉢の中でよく大きく成長してくれたね!

ありがとう!と思える鉢に巡りあえたりと嬉しい気持ちになります^^

例えば…この子。もともと左の3寸くらいの鉢に植わっていたものを右の鉢へ植え替え!

m_a

上から覗くと、右の方が明らかに大きいのがわかりますよね(笑

IMG_6858

これから、ほぼ毎日植え替えがんばります!!

ハエマンサス・フミリス

ハエマンサス・ヒュミリス (1)

こんにちは、タニィです。

9月に入り植物達も秋を迎える態勢に入りました。

そんな中大きな多肉質な葉っぱを持つハエマンサス・ヒュミリスが花を咲かせておりました。

ネギ坊主にも似た玉咲きの巨大花、同じヒガンバナ科の植物だけに、どことなく似ておりますね。

 

夏のリンドウ

P8020317

 

タニィです。

少し早い様な気がしますが、チベット産のリンドウ「ゲンチアナ・ファレリー」が咲いておりました。

綺麗に澄んだ空色の花は思考の美しさを誇ります。

色もさることながら、スリムで美しく整った花の形や、花に入る黒っぽい筋もより美しさを際立たせます。

 

こんなに暑い日が続きますが、菊やホトドキスなども一部咲いてきており、夏なのか秋なのかよく分からなくなってきます。

 

 

雪割草 販売!

今回は、くまさんから驚きのお知らせがあります。

すでに知ってくださっているお客様もいると思いますが、

アルペンガーデン やまくさでは、“ネット販売”もやらせていただいています。

そのネット販売において、売店・カタログにも出していない

『雪割草 令和初!当園最新交配種』を販売しております!!

どれも正真正銘、限定1点ものとなっています。

 

興味がある方は下記のURLをご覧ください。

http://yamakusa.ocnk.net/

(アルペンガーデン やまくさ-おちゃのこねっと)

スマートフォンからでも閲覧可能となっております。

 

まだ誰も見たことがない花。どんな花が咲くかは、来年3月までのお楽しみ^^。

M

※写真は、去年やまくさにて咲いていた雪割草の一部です

 

オオキツネノカミソリ濃色

タニィです。

オオキツネノカミソリの濃色花が咲いておりました。

まだ梅雨明けしていないのに早いもんですね。

濃色の花は種小名にあるとおり、「血赤色の(sanguinea)」花をしております。

花の底部が特に色濃く、妖艶な美しさを感じます。

 

おおきつね

 

店頭情報

今日のブログは、私くまさんがお送りさせていただきます。

普段は主に、雪割草の管理をしていますが

ここ最近は店番をしています!

そこで、今回は店頭においてある植物のごく一部をちょい出し!!!

その第一弾となるのがこの子

 

M_フウラン

フウランです。

夕方あたりになるととてもいい香りがしますよ^^。

ぜひ、アルペンガーデン やまくさに足を運んでいただき

写真では伝わらない香りなど楽しんでいただけたら幸いです。

 

雪割草のハウスです

P7160264

雪割草担当のシノハラです。主に管理している雪割草ハウス

の様子を中心に、やまくさの四季を紹介していきたいと思います。よろしくお願いします。

写真は今年移植予定のカイワレたち(セルフ実生)です。これからこの蒔き床全部に交配ラベル

を書いていきます、はりきっていきましょう。

再来春、店頭でお客様に無事お届けできますように。

 

 

タキユリ

P7150262

どうも、タニィです。

そして今日咲いておりましたタキユリです。

やはり私はユリの中ではカノコユリの系統が一番好きですね。

鹿の子絞りの入った美しいピンクの花、そして長く伸びた雄蕊達の姿がなんだかクラゲのようにも見えます。(私だけかもしれませんが…)

空にたゆたう花々は、今にもどこか遠くに泳いで行ってしまいそうなほど生き生きしております。

 

イカリソウのチビ達

イカリソウやリンドウが好きなタニィです。

去年蒔いたイカリソウのタネから無事発芽を果たし、今では来年、あるいは再来年の開花に向けて健やかに育っております。

私の初めての交配による子供達なのでどんな花が咲くかがとても楽しみです。

 

ちなみにイカリソウの花言葉には、その碇に似た花姿から「君を離さない」とか、碇をあげるということから想起して「旅立ち」「人生の出発」などというのがあるみたいです。

なんというか力強いイメージがもたれてるんですね。

P7130001