山野草、高山植物、雪割草、野生ラン、お茶花、下草などの生産、販売、育種の専門ナーセリーです。

TEL.0480-85-8287 

〒346-0115 埼玉県久喜市菖蒲町小林5855-1

05月

雪割草ー5月編ー

DSC_0670修正2

5月17日に撮影した雪割草のハウスです。

直射日光を避け柔らかい日差しの中で管理しています。

DSC_0674修正2

ハウスの中身はこれからの商品です。

咲けば良かろうのお外実験組とは違い、葉っぱの展開期には置き肥と観葉植物液肥をやり、今月からは来年の花芽を充実させるために開花促進液肥を与えました。

いわゆるお姫様のように大事にお世話しています。

 

 

DSC_0675修正2

DSC_0676修正2

来年の初花です。

 

 

修正2DSC_0678

 

DSC_0677修正2

 

 

DSC_0671修正2

今年移植予定の蒔き床です。

去年のブログでも紹介した大量のセルフの蒔き床がそのままになっています。

はりきりすぎたのは私の責任ですが当時だれか止めてくれてもよかったんじゃないかなとちょっとだけ思っています。

 

 

以上5月編パート1でした。

雪割草の管理ー4月編パート3-

DSC_0651修正2

シノハラさんです。

4月の新葉展開の時期に発生しやすいのがこの灰色カビ病です。

低温多湿の条件下で発生しやすく、花ガラや枯れた古葉をそのままにしておくとそこからカビが発生し新葉を痛めます。

DSC_0652修正2DSC_0654修正2

中心の芽まで痛めなければ、傷んだ葉を綺麗に取り除けば問題ありません。

カビの進行を抑えるためと予防のためにこの時期の雪割草ハウスではたびたび殺菌剤を散布します。

 

DSC_0655

古葉を取るのと一緒に肥料も入れてしまうと丁度良いです。

DSC_0670修正2

4月の下旬あたりから日差しが強くなってきたのでハウスの白冷紗を下げました。

DSC_0658修正

DSC_0659修正2

 

DSC_0660修正2

 

DSC_0661修正2

外の子たちも直射日光を避けて売り場の棚下に移動させました。

 

カロポゴン!

作場ではどんどんと色んな花たちが咲いてきます。特にラン!シーズンインですね!

44CA0DD3-6945-45DB-9AD4-982BBF37CFA7

 

Calopogon tuberosus ♀x (tuberosus Alba x Fluffy)

北米の湿地帯に生える珍しいランです。草姿はサワランに似ていますが、花が特徴的ですね。

2168C457-B856-453D-8F03-DD93B9E1D9A46A99C08C-6F4B-417C-8A1E-CBCB07E732A3

 

変わった形に見えるのは、普段目にするランとは花が逆さに着いているからですね。上に飛び出ている花弁がリップです。

実生なのでみんな少しづつ顔が違うのも面白いですね。

 

近くではイワチドリが満開でした

AD8F2511-1550-4C89-8D03-8A61668862D7

 

 

担当のしゅうでした!