山野草、高山植物、雪割草、野生ラン、お茶花、下草などの生産、販売、育種の専門ナーセリーです。

TEL.0480-85-8287 

〒346-0115 埼玉県久喜市菖蒲町小林5855-1

夏眠性ランの部屋

「夏眠性球根ランとは」

欧州やアフリカ、オセアニア等には夏に休眠するタイプの球根性の自生ランが多く見られます。
それらの一部はときおり輸入されて、近年は様々な品種が無菌培養などの技術により栽培生産されています。そして、それぞれにそれぞれの特徴があり、特徴的な花や草姿の面白さを味わう事が出来、それが人気の原動力の一つとなっています。

「主な仲間」
オーストラリアにはテリミトラ、プテロスティリス、カラデニア、デュウリス等、欧州にはオルキス、オフリス、セラピアス等、南アフリカにはディサ、サティリウム、シノルキス等様々なものが導入されて栽培されています。

「栽培のポイント」

植えつけ(植え替え)
休眠中の夏から秋の彼岸ごろまでが良いとされています。それ以降では早いものでは芽が動き始めるので、植え替えの時期を逸したものは成長する芽や根を傷めぬ様に注意したいものです。主なものは球根がドロップアウトするので、休眠中の鉢を空けてみると鉢の下部に新しい球根が集まっています。それを丁寧にとり出して、古い球根のカスやごみを取り除き清潔にします。鉢は球根がドロップアウトするので深めのものが良いでしょう。用土は山野草か市販のウチョウラン用土に水苔の粉を3割程混入すると水保ちと水捌けが考慮されて良いでしょう。植え込みは、最初に鉢底に鹿沼土等の中粒程度のゴロを入れたら最初に培養土を鉢の中ほどまで入れます。そこに球根を配置して、さらに表面まで用土を入れれば完成です。培養土にミズゴケを混ぜているので、軽い灌水でも用土が浮き上がるので、表面に富士砂や焼き赤玉土の5㎜目のものを1列敷くと培養土の浮き上がりを防ぐ事が出来ます。ただし植え込み後すぐに灌水すると、植え込んだ直後の球根が傷んでる場合があります。植え込んだら最初は軽くサッと湿らせて秋の彼岸ごろまでは様子を見ましょう。その後も軽く湿る程度の灌水を繰り返して、芽が動き始めたらたっぷりの灌水をして生長を促します。その後は軽く乾いたらまた灌水を繰り返します。植え替えは出来れば毎年か2年に1回が良いでしょう。

☆鉢の選び方
鉢はあまり硬く焼いたものや釉薬のかかったものは水保ちが良すぎで多湿になりやすいので避けて、焼き締めのものや多孔質の乾きやすい鉢が良いでしょう。球根が深く潜るものなので、出来れば深めの鉢が使いやすいものです。基本的には植え込む球根よりも2回りほど大きめの鉢が成長が良いと感じています。指の第1関節程の大きさの球根でしたら、1球で3.0~3.5寸、3球で4.0寸位の鉢が好ましく、鉢映りも良いものです。

「管理について」

☆置き場
休眠中は比較的乾いた状態を保つので、温度の上がりやすい直射日光は避けて半日陰で涼しく過ごします。芽が出始めたら日あたり良く管理しますが、1日中直射日光にあてては種類によっては葉が焼けやすいものもあります。基本的には午前日位が良いでしょう。その後は休眠までそのままで管理できます。ただし、多湿により腐りやすいものも多いので雨を避けて、冬に成長するので凍らない程度の保護はしたいものです。出来れば屋外では無く、最低限簡易フレームか無加温ハウス等が欲しいものですが、冬季温度は5℃前後が理想であり、室内の日あたりの良い温度変化の少ない場所なら栽培可能です。

☆水やり
休眠中は多湿にせずに週に1~2回軽くサッと湿らせる程度で良いでしょう。秋の彼岸ごろになったら一度たっぷり灌水して芽出しを促します。芽が出てきたら充分に灌水して、その後は表土に乾きを感じるほどまで待って再び灌水する程度が良いでしょう。目安としては2日に1回くらいです。花が終わり晩春になり葉が黄ばんできたら徐々に灌水を減らして休眠に備えます。

☆肥料
芽出し後に葉がある程度展開したら置き肥をします。根の出る前に置き肥をすると根の成長に影響が出ますので、必ず葉の展開後からの置き肥が良いものです。更に成長期は月に1~2回液肥を施すと効果的です。市販の一般用や洋ラン用の液肥が使いやすいものです。

☆病害虫
ウイルスにかかりやすい種類があります。冬場のハウスはアブラムシが発生し易くウイルスの媒介も多いものです。まずはウイルスを媒介するアブラムシや害虫の駆除に努めてください。また、海外からの直輸入の一部にはウイルス株が目立つので注意したいものです。炭阻病や黒斑病も多く見られます。これらは温度不足や多湿、密閉による蒸れ等により発生する事が多いものです。冬季に成長するので、ハウス等では低温多湿による灰色かび病(ボトリチス)も目立ちます。花柄はなるべく、種子をとらないものは早く花摘みをした方が病気の発生は防げます。

「ふやし方」
植え替えの際に分球しているものは株分けをします。実生はフラスコ等を使うので一般的ではないですが、技術の向上に伴い個体の維持には欠かせぬアイテムではあります。
(フラスコから出したばかりのテリミトラ・クリニタの苗)

「ワンポイント」
休眠中に植えたままの状態でカラカラに乾かすと球根の水分が用土に吸われてふにゃふにゃに脱水を起こします。鉢植えのまま休眠させるときは、ときどきさっと用土を湿らせる程度の灌水を試みる事も大切です。

「種類による栽培のポイント」

☆オーストラリア産

テリミトラ

 休眠中は多湿に注意します。「サン・オーキッド」と呼ばれているもので、太陽の光によって開花しますので、開花期までは陽にあててしっかりと育てます。ウイルスに弱いので注意してください。交配も可能ですが3元交配以上はなかなか結実し難くなります。花粉塊を外すときに柱頭に付きやすいので注意します。

プテロスティリス

 球根が小さいので、3.0寸鉢に5球植え位が良いでしょう。芽の動きが早いものが多いので、夏が来たら早めに植え替えます。植え替え後の灌水は普通で良いでしょう。球根はかなり下までドロップアウトするので、スリットの多いポットでは球根が外に出てしまう事があります。花が先に出るタイプと葉が先に広がるタイプがあります。多花性のものもありますが栽培は難しいものです。

デュウリス

 比較的育て易い仲間ですが花茎が細いので灌水時に茎を倒さぬよう注意します。球根の上下がわかり難いので注意します。種類によっては増球しないものもあります。

カラデニア

 少し作り難い仲間が多いのですが、栽培は他に準じます。多湿を嫌う種類が多く花茎の細い割には大きな花をつける個体も多いので、陽を採ってがっしりと育てた方が後の成績も良いものです。休眠中は多湿にせず乾かし過ぎずが良いものです。一度灌水したら培養土に乾きを感じて1日置いてから灌水する位が丁度良いでしょう。肥培は効果的で、綺麗な良い球根が出来れば毎年美しい花が見られます。

その他の豪州産夏眠性球根ラン

基本的には栽培法のわかり難い種類であればカラデニアの栽培に準じれば失敗は少ないものです。小型のものは休眠中も球根はあまりカラカラに乾かない方が良いかもしれません。種類によっては球根がかなりドロップアウトするので、毎年の植え替えを心掛けて取り扱いには注意が必要です。レプトセラス等一部の種類は野焼き後に開花のものもあり、開花にはエチレン処理等が必要なものもあります。

☆ヨーロッパ産

オルキス(アナカンプティス)

 ウチョウランに準じた栽培が理想です。休眠中の多湿は禁物ですのでかなり乾かし気味で管理します。葉の展開頃から灌水を多めにすると大きく成長して花芽を伸ばします。肥培は効果的です。種類によっては成長期も多湿を嫌い、特に小型種は注意が必要です。花後に葉が変色してきたら灌水を徐々に少なくして休眠を促します。

オフリス

 蜂の様な花がとても可愛らしい人気の仲間ですが、比較的育て難いものが多いものです。分球による増殖が殆ど見られないもので、栽培容易で良く増えるものは数えるほどしかありません。花の頃から葉が枯れ始めるものが多く、時に開花前に休眠してしまうものもあります。はっきりとした栽培法の確立されていないものが多く、確実な栽培法はまだ分かっていません。基本的には蕾が出るまでは陽を採って栽培し、蕾が見えたら半日陰で凍らない程度に保護します。強い肥培は避けた方が良いかもしれません。

セラピアス

 欧州産のランの中では最も丈夫なものの一つです。大型種と小型種がありますが、小型のものほど増殖も良く栽培も容易です。少しさびしげな花なので、丈夫なものは株立ちにして観賞すると見事なものです。オルキス(アナカンプティス)との交配種もあり、セラピアスに似ていますが紅色が鮮やかです。やはり丈夫で良く増えます。

☆南アフリカ産

シノルキス

流通しているものは比較的丈夫なものが多く見られます。指の太さ程の紡錘状の球根を持つものが多く、植え込みには1㎝位に刻んだミズゴケ単用か、鹿沼土とミズゴケの配合が良いでしょう。成長期には多湿にしない程度の灌水が良く、休眠期はほんの少し湿り気を感じる程度が好ましいものです。一部種は自然実生で増えるものもあります。

サティリウム

大きな2枚の葉を地に伏せる多肉植物の様な草姿に、反転した不思議な雰囲気の花を咲かせます。生育中も多湿を嫌うものですが、分球による増殖が殆ど無く、寿命も短いものなので早めに採種して更新した方が無難です。ただし、実生にはフラスコ等の技術が必要なので、花が咲いた後の長期栽培は難しいかもしれません。

ディサ

どちらかと言うと洋ラン屋さん向きの植物ですが、比較的低温に耐えて小型で山草的で観賞価値の高いものも見られます。やはり多湿に弱いものが多く、種類によっては花後に枯れやすいものも少なくありません。

ステノグロティス

ウズラバムレチドリの名で流通しています。ネジバナの様な紡錘状の複合根茎を持ち、性質も良く似ています。栽培もネジバナに準じて栽培可能で、株分けは休眠期に根茎を外して株分けします。丈夫で無加温でも栽培可能で、株立ちにするとなかなか見事なものです。

☆南アメリカ産

クロラエア
チリ等に見られる自生ランで、ネジバナやムレチドリの根を大きくしたような複合の紡錘球根を持ちます。寒い地方の植物ですが夏眠性なので意外に育ちます。ネジバナやムレチドリの様な栽培で良いでしょう。成長期の肥培は好みます。冬葉凍らない程度の保護はしたいものです。